東京ニ人目出産育児備忘録

毎日手探りの2人目出産育児備忘録です

外出自粛継続中 バターは小分けで冷凍

f:id:sayaka-oct01:20200629073429j:image

緊急事態宣言中、小麦粉 ホットケーキミックス

バター レトルト食品 などが店頭から消えた。

 

いちいちスーパーで「ないっ」てなるのが嫌で、

ニュージーランド産のバター1キロをオンラインで

買って小分けして冷凍。

 

なにこれ便利。

もうずっとこうしよう。

 

コロナの騒動で小さな発見がいっぱいだ。

コロナ前より生活の質が確実に上がってる。

 

スーパーになるべく行く機会を減らすために始めた

配達サービスのらでぃっしゅぼーや

すんごい良いし。

 

これから死ぬほど暑いであろう夏、えんやこら

買い物に行くのは辛いだろう。

配達サービス最高。

 

なんでもっと早く導入しなかったのか。

 

人間関係、仕事、生活、色々な気付きを

実行に移すことができたコロナ後。

 

今この時は、歴史の教科書に載るよね。

外出自粛中の食べ物への執着がすごい

f:id:sayaka-oct01:20200603075012j:image

パンナコッタ スイカとメロン添え

 

みんなのきょうの料理

 

脇屋友詞のとろとろ杏仁

 

というレシピ参照。

 

生クリームの割合を増やしてみた。

 

これは板ゼラチンを使うこともポイントかと。

 

ブルッブルにできる‼︎

 

使った板ゼラチンは冨澤商店の20枚入り(50g)。

 

原産国ドイツ っっ

 

てのが、絶対に固まる感あり。

 

完成したモノのモチモチブルブル感すごい。

 

 

 

おいしいものを食べたい…

 

という欲求が外出自粛中すごい。

 

↓地元駒込付近のテイクアウト可能な

 

激おすすめ店。

 

素敵おいしいカフェのcocoful、

 

ここのバスクチーズケーキとサンドイッチ

 

最高すぎる。

 

昨日初めてテイクアウトしたKaFiRu、

 

ハンバーガーがとてもとてもおいしかった。

 

絶対リピートする。

 

先週土曜日が最後のテイクアウトだった

 

イタリア・プーリア地方の料理店の

セルヴァジーナ、

 

スペイン産ひな鳥(コクレ)の丸焼きは

 

最っ高だったなあ。

 

お腹に山菜のリゾットが入っていた。

 

翌週はグリーンピースのリゾットが。

 

また食べたい…。

 

 

 

おいしいものへの欲求が止まらない。

 

 

外出自粛中のQOLがだだ上がったモノ

f:id:sayaka-oct01:20200601050556j:image

明日の夕飯まで待機してもらう、

 

光り輝く銅銀銅器店の天ぷら鍋。

 

直径27cm。

 

分かり易い様にクレラップ置いてみた。

 

ええ、ええ、ええ、

 

腹の脂肪は気にせず、

 

2日連続で揚げ物やったる。

 

 

外出自粛中、己のQOL向上のためにした買物。

 

まずはネスプレッソ。

 

美味しい。めちゃ上がった。幸せ。

 

J.CREWのパジャマ。

 

可愛い。やはり上がった。幸せ。

 

そして、1番の高額商品である、

 

銅銀銅器店の天ぷら鍋‼︎

 

は?!

 

なにこれ全然違う‼︎(唐揚げの出来が)

 

外側さくっと内側ほくほく。

 

もっと早く存在を知っていれば。

 

この天ぷら鍋を買う1週間前にも、

 

私は天ぷら鍋を買った。

 

…。

 

自分でも愚か者だと思う。

 

富士ホーローの、底の直径より上部の直径が

 

大きくなってるタイプのやつ。

 

円錐形をひっくり返したというのか。

 

真っ白で、温度計と油はね防止フード付き。

 

ビジュアルは可愛いのだけど、

 

唐揚げがうまくいかなかった。

 

底に沈んで焦げ付いた。

 

当方の揚げ物の腕前が低いせいも

 

要因としては絶対にある。

 

ドーナツはタネが軽いからか沈まずに

 

美しくできた。

 

高温を一定に保ちづらいのね、あなた。

 

でもあなたとっても可愛いから、

 

おでん入れると丁度いいと思うのね。

 

ということでこちらはおでん鍋に♡

 

おでん入れたらやはりとても美しかった。

 

…。

 

そして我が家にやってきた大物。

 

銅てやっぱり温度を一定に保つのが

 

とても得意。

 

揚げダネを投入してもビクともしない。

 

シャー!!!!

 

となんとも小気味よい音。

 

堂々と揚げてくれる。

 

琺瑯は頼りない感じだった。

 

地方から出てきてオドオドしてる20代男子と、

 

肝の座った海千山千の江戸っ子50代男子

 

くらいの違い?

 

銅銀銅器店の27cmの天ぷら鍋、

 

直接お店に電話注文で配送をお願いした。

 

¥44,600

 

天ぷら鍋にこの値段。

 

めちゃたじろいだ。

 

でも、その価値は充分にある。

 

ネットで見ると同じ商品が6万円台だった。

 

 

家ごはんのレベルは数段あがったし、

 

私のQOLは確実にあがった。

 

富士ホーローの天ぷら鍋もありがとう。

 

 

 

 

 

外出自粛で母親業にコミットメントできた

4/2から保育園児ふたりを家庭保育して早2ヶ月。

 

1歩も外出させていなかった。

 

5/30土曜日、久しぶりに長女と自転車で近所へ。

 

物凄いウキウキな長女。

 

そりゃそうだそりゃそうだ。

 

 

 

そんな日の夕飯時の夫婦の会話。

 

「ねえ私さ、この2ヶ月の家庭保育のおかげで

家事のやる気が出た」

 

(家で美味しいもん食べてやる‼︎という意地)

 

「あとさ、もうやるしかないからなのか、

子育ても前より苦痛じゃなくなった」

 

と言ったら旦那が。

 

「うん、ここ最近のあなた、お母さんになったよ」

 

…!

 

と、私としては思わぬ旦那の発言。

 

「なんか最近、感動してる」

 

と言われた。

 

でも自分でも最近思うのだ、今までは母親になりきれてなかったって。

 

コロナ騒動の前、1日の1/3は離れ離れに過ごして、

 

平日の日中の子育ては保育園の先生任せ。

 

この2ヶ月は、平日2日間は出勤、3日間は在宅勤務。

 

(旦那は毎日在宅勤務)

 

平日こんなに長い時間こどもと過ごしたことは、育休以来だった。

 

今までは、土日や連休にこども達とベッタリな時間が

 

死ぬほど苦痛だった。

 

本っっっ当に苦痛だったのだ。

 

面倒臭いなあ、ではなく顔をしかめるくらいの苦痛。

 

でもここ最近はむしろ楽しい。

 

なにこの変化は。

 

「2ヶ月こどもが家にずっといる」という、

 

コロナ騒動がなければ有り得なかった状況のおかげで、私はようやくようやく母親になれた。

 

母親になりきれていなかった私には荒療治が必要だったんだな。

 

「こどもを感染させたくない、絶対に守る」て、

4/2に自分に誓ったことはよく覚えてる。

 

その強い決意が母親やる気スイッチをONにしたのかも。

 

「私は母親になるんだ」て、

 

強く決意したことのなかった私。

 

母親になることから逃げていたんだ、て

 

気がつきました。

 

母親なのに母親になりたくなかったんだろうね。

 

逃げていた私が逃げ場がなくなった、コロナ騒動。

 

おかげで母親になることができた。

 

世界中に信じられない死者数と感染者数を出したコロナウィルス。

 

それは本当に悲しさと無念しかないんだけれども。

 

 

 

色々なことに気づかせてくれた。

 

 

《コロナウィルス蔓延中》一般市民と総理の感覚のズレ幅半端なかった

内閣総理大臣 安倍晋三が、

 

星野源がアップしたバーチャルセッションを

 

利用してstay homeを呼びかけた。

 

旦那がニヤニヤしながら、

 

「これまじウケるからみて」

 

というので観た。

 

 

 

 

 

しばし言葉を失った。

 

総理はこの動画を流したことによって、

 

「このただならぬ有事に全く仕事してない」

 

ということを国民に自らすんごいインパクトで

 

お知らせした。

 

ものすげー前代未聞のブラックコメディ。

 

本当に期待を裏切らない総理。

 

あっぱれであります。

 

↓この有事に働いている現場の動画なり

 

写真を使えばメッセージになり得たのに。

 

f:id:sayaka-oct01:20200413060447j:image

どうしても星野源のをやりたかったんだったら。

 

あなたはビシッとスーツかなんか着て、

 

官邸で会議してるシーンとか、

 

専門家が集めたデータを精査してるシーンとかを

 

つなげれば国民の心を鷲掴みにできたかな♡

 

 

 

 

「ニホン オワタ……」

 

遠くの方から自分の呟きが聞こえたようだった。

 

安倍さんに期待なんてしていないつもりだった。

 

でも、自分の中に、

 

自覚のない淡い期待があったのを知った。

 

 

めちゃくちゃ後手後手で発令した、

 

めちゃくちゃマイルドな緊急事態宣言。

 

海外からめちゃくちゃに批判されている、

 

日本政府の対応。

 

「で、で、で、でもさ、

 

さすがに安倍さんだってさ、

 

すんごい考慮しての今の対応な訳でしょっ

 

こどもを感染から守ることを最優先にしないで

 

都内認可保育所を一律で休園措置に

 

しないのとかもさ、、、」

 

という自覚のない政府への期待があったことに

 

私自身が驚愕した。

 

 

stay home

 

海外から発信され日本政府がようやく

 

使い出した言葉。

 

stay homeは一般市民がやることなのでは?

 

発令したあんたが家で寛ぐ動画観てさ、

 

国民が、

 

「総理も家にいるんだ‼︎家にいなきゃ‼︎」

 

てなると思ってんの⁈

 

安倍さん、あんたは休日返上で

 

官邸でこれからのこと国民のこと、

 

寝る間も惜しんで考えてくれてるんじゃないの⁉︎

 

有事の時に激務中の激務になるから

 

普段高い給料もらって料亭行って

 

国民とはケタ違いの生活送ってんじゃないの?

 

 

私はこの動画を観て、

 

「総理、働いてないんかーい」

 

「TV見てる暇あるんかーい」

 

と自分の声が頭で反響してぶっ倒れそうになった。

 

 

 

でもふと

 

なんのTV番組観てたのかな…

 

「ぶらり途中下車」

 

なぜかこれな気がしてならなかった。

 

ブラックコメディとしては最高に面白い

 

総理の動画であった。

 

このくそやばい動画配信、

 

昭恵さんの進言だったのかしらん。

 

 

 

 

 

《コロナウィルス蔓延中》義母、近所に手作りグラタンを配る

f:id:sayaka-oct01:20200408052845j:image

 

コロナウィルス引きこもり。

 

こどもとゼリーやホットケーキを作ったり。

 

一緒に遊ぶと割と時間はあっという間に過ぎる。

 

 

4月7日。

 

東京にやっと緊急事態宣言が発令された。

 

強制力がないので、この数日普通に出歩いてる

 

意識の低い人は同じように出歩くのかもしれない。

 

NYの現状。

 

東京だってこうなってしまう可能性はあるのに。

 

https://www.youtube.com/watch?v=kRr_j2dq4lE

 

会見に臨んだ安倍首相、

 

話し始める前に取り外したが、

 

サイズの全然合っていない

 

小さな布マスクをしていたことには

 

大失笑した!!!

 

そんなにまでしてなぜ布マスクにこだわる?

 

 

 

ということで本題の義母。

 

4月5日 日曜日。

 

ちゃんと家にいるかな?

 

という疑心暗鬼のもと、旦那がFaceTime

 

電話してみたところ。

 

「ちゃんと家にいるよー。

 

ご近所さんにグラタン配りに行ったところ」

 

⁉︎

 

⁉︎

 

⁉︎

 

「めいわくー!!!!」

 

彼女に聞こえるような音量で言ってしまった。

 

外出してるし。

 

自分が感染者かもしれない、

 

なんて微塵も考えないで

 

手作りグラタンを近所に配布する義母。

 

もらった方も困惑しなかったのかな?

 

義母は暇がきらいな人。

 

家にいてゆっくりお茶を飲みながら雑誌をめくる、

 

とかできない人。

 

「あー暇!!!しにそうだわ!!

 

そうだわ、私の美味しいグラタンを

 

ご近所さんに配ってあげましょ♡

 

こんな時こそ近所で助け合わなきゃ!

 

みんな喜ぶわー♡」

 

といったところだろうか。

 

悪意のない善意でとった行動で、

 

人の命を脅かしてしまうなんて。

 

義母が感染者でないことを祈る。

 

ご近所のみなさん不快な思いをさせてごめんなさい。

 

 

 

でも、もしかして…

 

義母の近所の住民は、

 

義母と同じような感覚の人たちで、

 

「わあ嬉しい!ありがとう!」

 

て受け取っているのかもしれない…

 

 

 

東京にはうちの義母が何百万人も

 

いるのかもしれない。

 

感染が増える訳だわ。

 

 

 

2月14日 北区4月入園結果公表日

10:30

 

「あー電話かかってこない。落ちたな。」

 

早々に諦めていたが、11:03に

長女が通う保育園から着信があり、

 

無事に長男も4月から1歳児クラスへの

内定通知のお知らせをいただけた。

 

今年度より北区は保育指数の計算方法が変わった。

 

前年度までは両親どちらか指数が低い方の点数を採用。

 

今年度からは両親の指数を合算した点数を採用。

 

その他にも何点か変更点あり。

 

今年度から兄弟がいる家庭は有利となることは聞いていたがわたしはフルタイムではないので指数がさがる。

 

かなり悲観的だった。

 

長男は現在、認可小規模保育所の0歳児クラスに通園中。

 

長女も大変お世話になった保育園。

 

こちらから転園となることが寂しい。

 

今はこども2人が同園にまとまった嬉しさよりも

 

長男が通園している園とのお別れの寂しさが

 

大きい。

 

4月からまた新しい生活が始まる。

 

 

 

ああそしてまた気が重いシーツ作りが…