東京40s出産育児備忘録

東京都在住の40代。2020年10月に3人目の妊娠が判りました。

長男4歳の泣き声で警察に虐待通報されてしまった

先日21時頃、玄関のインターフォンが鳴った。

誰だろ、マンション玄関のオートロックは

どうやって入って来たのだろう?

お風呂に長男と入りながら思っていた。

 

夫が対応すると私服の刑事だった。

 

私は一切対応していないので、

ここからは全て夫から聞いた話。

 

夫に対応する刑事が1名、

その補佐役の刑事が1〜2名、

女性の職員(刑事もしくは児相職員?)、

制服の警官が15名ほど…

総勢20名弱がマンション廊下にいた。

 

子どもの泣き声で、かなり強く虐待を

疑う通報があったとのこと。

 

妻が入浴中に長男の散髪をしていて、

泣き叫んでいたことを伝えた。

長男は散髪がだいっ嫌いなのです、と。

 

その時の長男のセリフは

「やめてー‼︎ やめてー‼︎ ママやめてー‼︎」

「やめてって言ってるでしょー‼︎」

 

刑事の聞き取りの後、

玄関で刑事に子ども3人を見せた。

長男は真っ裸…

 

夫は、

「子どもの写真を撮っていいですよ」

「家の中に入ってよろしいですよ」

と言ったがいずれもなされなかった。

 

フォロー役なのか、女性の職員が

「そういうことってありますよね、」

うるさくてすみませんでした、と謝る夫に

「いえいえ謝らないでください」

と言っていたのは聞こえた。

 

刑事は、今度通報があった場合、

自宅の中に入らざるを得ないと

告げて帰っていった。

 

対応した夫はものすごーーーく

ショックを受けていた。

 

警察はマンション全ての部屋に

聞き回った様子だ。

 

私は、

「えー‼︎ やばいね、刑事くるとかウケる‼︎」

とか、とんでもない非日常感に

テンションが上がり

ニヤニヤしてしまった。

 

我にかえり。

 

近所の誰かに強く虐待を疑われたんだぁ…と、

通報した方の気持ちを考えてしまった。

 

子どもを心配する気持ち、正義感、

警察に通報するってすごく勇気が

必要だっただろうな。

 

いつから気になっていたんだろう。

今回の泣き声だけでは通報しないだろうなあ。

ずっと前から通報しようか逡巡していたん

だろうなあ。

 

うるさいのは本当に申し訳なかった…

 

これは、隣人トラブルだな、

と思った。

 

翌日朝、夫のスマホに昨夜の刑事から電話。

 

勤務先名や家族全員の名前、

連絡先などを聞かれる。

 

次回通報があったら家の中に入る旨、

昨夜の通報は、絶対に虐待だという強い

レベルのものだった旨をあらためて

言われた。

 

あと、長男の散髪は店に行ってくださいと

言われた 笑。

 

そして私は、児相に電話した。

 

近隣の方に長男の大きな声で虐待を

疑われ通報されました。

どうしたらいいでしょうか、と。

 

児相の回答は、

今まで通り生活してください。

3人の乳幼児の子育て、大変ですよね。

以上 笑。

 

連休明けには保育園にも

通報された事を伝える。

 

必ず警察は保育園に連絡すると

思われるし。

 

あーあ!

目まぐるしく必死で私たちなりに

子育てしているのに

労いの代わりに通報された。

 

私たちなりにがんばっているのに、

何も知らない赤の他人に否定されて

虐待の容疑をかけられた。

 

それに私たち夫婦は

打ちのめされてしまった。

 

通報された方は、ぜひ、

街でみかけた子育て中の親に

優しい労いの言葉も掛けて

あげてくださいね。

 

赤の他人の通報は、

親の心を大きくえぐるけど、

赤の他人の労いの声掛けは

大きな心の助けになる。

 

 

 

 

 

ミレーナ挿入後、初の生理について

ミレーナを挿入後、初の生理。

今日は生理3日目。

 

生理周期通りにきた。

 

そして、めちゃくちゃ軽くなった。

 

生理2日目の出血量が、

今までの4日目くらいの量に!

 

生理痛もほぼない!!

 

しかし、生理前日の強烈な眠気は

相変わらず。

 

夫によると、

今のところイライラもしていない。

とのこと‼︎

 

とにかくQOLが上がった。

 

普通に快適に過ごせる‼︎

 

今までが病的だったとあらためて

気付く。

 

よくあんな腹痛と倦怠感のなか

仕事して保育園の送迎、家事諸々やってたな…

凄すぎるなあんた。

という感じだ。

INFINITO 和歌山県の白浜に宿泊

f:id:sayaka-oct01:20220903232335j:image 

 

前回の家族旅行は、2019年 3月。

なんと3年以上、旅行をしていなかった。

 

covid-19 が世界中を混乱させた。

我が家の夫は大の心配性で、

外食も旅行も全て止めていた。

 

今回は、私の両親も一緒に。

やはり旅行は楽しい。

 

久しぶりの旅行で、

浦島太郎になっていたことが。

 

「映える」ことに

一生懸命な人たちの存在。

 

このホテル、SNSの「映える」スポット

なのか、20代の客が多かった。

 

そして、

 

「映える」ことしか考えていなそうな、

あんまり知性と教養が無さそうな…。

 

プールサイドに、ツバを吐いていた

20代と思しき男性がいて驚愕。

 

泳ぐためではなく、「映える」画像を

撮るために試行錯誤をするカップル。

 

息子のアヒルの浮輪で浮かびながら

興味深く見入ってしまった。

 

彼氏が、水飛沫をぱしゃぱしゃと

演出してあげている‼︎

 

彼女は、自撮りに一生懸命。

 

面白い文化ですなぁ〜と

ニヤニヤしながら見つめてしまった。

 

プールなど、「映える」箇所に

行くようで、撮影が出来ない箇所には

興味が無いようだ。

 

なので、撮影が出来ない大浴場が空いてる‼︎ 

 

サウナも水風呂も、外気浴スペースも

最高だった。

 

このリラックス感、

次回のPMSに効果があるといいなあ。

 

 

ミレーナ入れた!

生理初日を1日目として、5日目に

施術してもらった。

 

診察台にあがって、1分くらいで

挿入含めた施術が終わった感じ。

 

挿入自体は全然痛くなかった!

 

入ったあと、少しずーんと

子宮が重くなる様な生理痛の様な

違和感はある。

 

先生の説明だと、

生理に伴う情緒不安定にも

効果が期待できるとのこと。

 

挿入前の説明で、費用が

¥66,000と言われた。

 

「前回の受診で、月経困難という

 理由であると保険適応で

 ¥10,000くらいと説明して

 いただきました」

 

とお話しして、お会計は

¥10,950で済んだ。

 

よかった〜…。

 

1ヶ月後に再診、

その後は1年後に受診すれば

OK とのこと。

 

これで生理が軽くなって、

気持ちも軽くなれば

万々歳だわ。

北区 子育て応援団事業 カタログギフト届いた!

f:id:sayaka-oct01:20220813070913j:image

 

covid-19 自宅療養期間も無事に終了、

家族全員元気になった。

 

地味にかなり楽しみにしていた、

第3子の1才バースデーの

カタログギフトが届いた!

 

第3子は、¥30,000 分。

嬉しい〜。

 

f:id:sayaka-oct01:20220813075306j:image

 

内容は、ふつうのカタログギフト。

 

コロナ自宅療養をがんばった

ご褒美のようだ。

 

同封していたものに、

子育て応援ブック、

虐待防止パンフレット

があった。

 

東京都の根本のねらいに、

「虐待防止」があるんだなあ。

 

母親は、誰かに応援されて

労ってもらって

助けてもらえる環境と

安心感があれば、

たぶん頑張れる。

 

自治体は色々考えてくれている。

 

この封筒を受け取って、

少なくとも私は

優しさを受け取りました。

 

メソメソする夫にイライラする

f:id:sayaka-oct01:20220725125025j:image

 

面影橋交差点にある小さな

パン屋さん、ticopan。

 

無添加ソーセージを挟んだ

ホットドッグは、クロワッサン

だったりカンパーニュだったり

その日によってパンが変化するのが楽しい。

 

スコーンもおいしい。

今、買いに行きたい…

 

1才の次女が入院して、

今日で5日目。

 

登園している保育園の先生が

病院に絵本やおもちゃを届けてくれた。

 

わたしたち両親も陽性。

外出できないため、差し入れなど

考えもしなかった。

 

ワタワタするだけで

気の利いたことにあたまが回らなかった。

 

保育園の先生。

 

担当の看護師の方に

様子を聞いてくださった。

 

・ひとり遊びをするようになってる

 

泣いてる時間が減ったようだ。

よかった…。

 

担当の看護師の方は、

とても優しくて頼りになるそうだ。

(保育園の先生が、ご自分の

 お子さんでお世話になっている)

 

なんの不安もない。

 

だけど、夫は、

入院した日からメソメソメソメソ。

 

昨日は自分の叔母からかかってきた

電話でも弱音を吐いていた。

 

親戚にも弱音を吐いて

覇気のない様子にイライラする私。

 

「もしもし?叔母さま?

 私は入院できてよかった、て

 思ってるんです。だってプロに

 預かってもらって安心ですもの!」

 

「病人が病人の世話をするのは

 大変ですし、無理」

 

「夫くんは、防護服の職員に子どもを

 渡してハイさよなら、てのが

 ショックだったみたいですけど」

 

「良い方に考えなきゃ!」

 

と、夫の叔母に話すと、

叔母も夫を慰めるのはやめて

 

「でんと構えてなきゃ!」

 

と、活を入れてくれた。

 

夫の感情に寄り添うことも必要なのは

わかってるけど。

 

今はメソメソしたくない。

 

くよくよしてる夫を見ていると

イライラしてくる…

 

「次女ちゃん、親に棄てられたと

 思ってるよ…絶対思ってるよ」

 

呆れて言葉が出ない。

 

親に棄てられたなんて、

思ってるかな?

 

そんなことを今、想像して

なんになるの⁇

 

元気になった次女の帰宅を

楽しみにしてりゃあいいじゃん。

 

メソメソは隠して欲しい…

気が滅入る。

 

1才の第3子がコロナで入院

f:id:sayaka-oct01:20220722081259j:image

 

東京都の配食サービスが、

申し込んで2日目に届いた。

ありがたい。

 

PCRで陽性になった第3子の次女。

発症日(0日目)から、3日目で

入院となった。

 

その他の4人の家族全員、

かかりつけ医が電話での受診のみで

みなし陽性の確定診断をしてくれた。

 

薬は、薬局がポスト投函後に電話で

薬の内容確認。

 

少なくとも私たちの地域の地域医療は

なにも文句なく機能している。

ありがたすぎる。

 

次女の入院は、

保健所の健康確認の電話に、

夫が伝えていた様子で

保健所と病院が判断した模様。

 

・指が小さくてパルスオキシメーターが

使えない

・咳で、食べたもの飲んだものを吐いてしまう

・平熱と高熱をいったりきたり

・不機嫌

・下痢

 

こういった事項で判断された模様。

 

14:00に病院のお迎えの車が来てくれて、

夫が、次女と1週間分の入院グッズを持ち

出発。

 

病院に到着したら、次女と荷物を渡して

夫は乗ってきた車で自宅まで送迎。

 

帰宅後ショックで言葉が出ない夫。

ひとりでの入院が可哀想で不憫で堪らず

付き添い入院を考えて自分の着替えも

持参していた夫…

 

私はというと

 

「入院してくれて心からホッとした」

 

私も倦怠感と喉の痛みがあり、

できれば寝ていたい状態。

 

5才長女と3才長男の

面倒だってある。

(この2名は咳のみで元気)

 

次女の面倒はかなりの負担。

気持ちの面でもストレス。

 

「僕はだいぶ元気になったから

 次女ちゃんの面倒はみる、

 入院は可哀想すぎる」

 

と言っていた夫。

今、寝込んでるんですけど…

 

本当に入院してくれてよかった。

急変して救急車呼んだのに捕まらない、

救急車来たけど搬送先がない、

とか最悪でしょ。